log

松坂慶子さんの天守物語国内ツアー 

09 20 *2009 |

9月20日、愛知県犬山市を皮切りに松坂慶子さんの「天守物語」の
国内ツアーが始まりました。

ウィーンでの演出と国内の演出は、公演時間や文化習慣や言葉の
違いから変える事になり、リハーサルも念入りにしました。

00:01 [Comment:0]

足利薪能

09 12 *2009 |

今日は足利薪能の中で大田楽をやります。

そんな訳で只今東武線で足利へ向かっています。

週末は道路も電車も大騒ぎだね。

明日はきのくにやスタジオレコーディング

揺れる車内で譜面書いていたら何やら久々の乗物酔い

12:54 [Comment:0]

ウインナーソーセージ(笑)

09 06 *2009 |

ファイル 85-1.jpg
ファイル 85-2.jpg

野村万蔵さん、友吉鶴心さん、松田一亭さんとホテルの近くで
ビールとソーセージを食べました。
日本人は「ウインナーソーセージ」は子供の頃から知ってるでしょ。
そうなんです、ウインナー=ウィーン人のソーセージなのです。

ウィーンと言えばカツ=ウィンナーシュリッツァー?(発音不明)
とソーセージ

本当に美味しかったよ。

00:03 [Comment:0]

川の中のプール

09 06 *2009 |

ファイル 83-1.jpg

ウィーンで見つけたプール。

これなら多摩川でも隅田川でも江戸川でも即プールが出来ちゃうね。

これを認可する国も素晴らしいと僕は思うよ。

00:00 [Comment:0]

ただいま!!

09 02 *2009 |

ファイル 80-1.jpg

みなさん、おはよー!
稲葉は無事にウィーンから戻りました。
今回の舞台は「楽劇天守物語」と「大田楽」をやりました。
海外公演は楽しい事も沢山ありますが、トラブルも多く
発生します。今回の公演もご多聞に洩れず苦労する
場面も多々ありましたが、結果的に楽しい旅となりました。

舞台というものは生き物です。
多くの方の経験と知恵と汗と心の結晶です。
先月の「現代狂言」しかり、舞台が熟成、変化するのを
体感する喜びを味わいました。

僕にとっては4回目のウィーンでしたが、ウィーンの
街の美しさを実感した旅でもありました。

そして今回も素敵な人に沢山出会いました。
そして多くの方々が会場に足を運んで下さいました。

すべてに感謝の思いでいっぱいです。

05:01 [Comment:0]

ウィーンへ

08 26 *2009 |

ファイル 79-1.jpg

みんな、おはよー!!

さてさて、毎日が慌ただしく過ぎるね。
今日はこれからウィーンへ行きます。
昨夜少し仮眠し、3時に起きて荷造り始めて、
今だいたい出来上がった。
カルネの申請してるから少し早めに空港集合だそうよ。

今回は僕の楽器が多いから、車にいっぱい楽器積んだよ。

もっと沢山書きたいことあるけど、時間がないから

それでは、行ってきま〜す!!

06:01 [Comment:0]

森くんの汗(汗)

08 16 *2009 |

ファイル 78-1.jpg
ファイル 78-2.jpg

現代狂言一座が移動するといつも大変な事が起きるんだ。
それは、有名人が多いから人が集まってきてしまうんだ。

写真左はみんなでペンダントを買いに行った時の出来事。
お店で選んでいると、みるみる人が集まってきた。
エネルギーの森君が交通整理するものの、人は増えるばかり。

ドロンズの石本君が「写真は僕だけにして下さい!!」と
笑いを取ったが、人は増えるばかり。

もみくちゃにされる、森くん。 写真右

09:34 [Comment:0]