log

我願意

09 29 *2011 | プライベート

ファイル 317-1.jpg

大好きな曲を聞きながらひとり過ごす大好きな時間。
切ない歌声が心に響く。 何故か心は遠い上海へ…

〆切の迫った仕事を終わらせようと、自宅で夕食を
済ませ仕事場へ。
パソコンの中のある曲を再生してしまった途端に、
僕の中で時間が止まってしまった。
その曲は 我願意(ウォー ウェイ イー)

大好きなJBL(スピーカー)から大音量で流れる
切ない歌声 我願意 

今僕はこの曲を止められない… 止めたくない。
今夜は何もせずに、このままここで寝てしまおうか…

凄く幸せな気持ちなんだけど、とても切なくて
居たたまれない気持ち。 年に数回こんな夜がある。


写真:僕の名前の「明」という漢字を示した様な、
   ペルーで見つけたお気に入りのオブジェ。
   大事な友人にあげてしまったので、今は僕の
   手元にはないのだけど、いつの日にか太陽の
   右側に月を配置した物を作りたい。
   大事な赤い星のペンダントも可愛いでしょ。
   僕の大事な思い出写真の1枚なんだ。

01:38 [Comment:0]

忘れ物 いっぱい

09 25 *2011 | プライベート

昨晩寝る前までに、シンセサイザーや
パーカッション等、車に積み込んだ。
そして今朝早起きし、今日使う笛等を選別し
ケースに詰め 出発した。

現地に着き、譜面台を忘れた事に気付き、
主催の方に無理を言って揃えて頂いた。

演奏が終了し、アンコールがきたので演奏しようと
思ったら、必要な笛がない事に気付く。

走って楽屋に取りに行ったが持って来て無かった。
今日は忘れ物ばかりした。

そんな訳でアンコール曲は急遽一音下げで演奏して
もらった。しかもその譜面は転調あり、ストリングスの
ラインも沢山書いてある難しい譜面。

しかし、荒木君はバッチリ弾いてくれた。
ありがと!!

01:53 [Comment:0]

美味しいハチミツ

09 09 *2011 | プライベート

ファイル 308-1.jpg

僕の住む街に今までに味わった事のない
程、美味しいハチミツが売っている
APIVITA という化粧品屋さんがある。
このハチミツはちょっと高いけど、
本当に美味しいんだ。是非ご賞味あれ!!

21:50 [Comment:0]

黄ニラ

09 05 *2011 | プライベート

ファイル 306-1.jpg

ひさしぶり〜〜!!
雨の日が続き、紀伊半島では大きな災害。
何だか、今年の日本は水の災害が多いね。

先日岡山県の知り合いの方が、「黄ニラ」を
送って下さった。
みんなは「黄ニラ」を知っていますか?

これが凄く美味しかった。
なかなか巡り会うチャンスがないかも知れない
けど、チャンスがあればぜひご賞味ください。

まいう〜!!

16:19 [Comment:0]

57%

08 27 *2011 | プライベート

僕は月に一度必ず血液検査をしてる。
僕のお母さんがそうであった様に、
僕も血液(血管)に欠陥がある(笑)からだ。
もう9年前になるのか、細い血管に
96%閉塞した部分が見つかり心筋梗塞
のカテーテル手術をした。
あと少し発見が遅れていたら、きっと僕は
中国の雲南省の少数民族の村で死んでた
だろう。
再発の可能性は10年で50%と言われた。

先日兄の勤める大学病院で年に一度の
大きな検査したら、太い血管に57%
閉塞部分が見つかった。
だがこの数値はまだ正常の範囲内だそうだ。

ある日を境に、この病気は母から貰った宝物だ
と思う事にした。
音楽好きと、心筋梗塞、どちらも今は亡き母親
から貰った僕にとっては大切な才能なのだ。

04:32 [Comment:0]

メッセージ

08 26 *2011 | プライベート

「ビデオをDVDにダビングします」という
広告を発見したので、早速ビデオテープを
送り数日後DVDとなって返ってきた。

そこには子供が産まれた時の映像や、
1歳の誕生日の映像、色々な映像が映っていた。
当時の僕はまだ駆け出しの篳篥奏者で、
毎日が「イッパイイッパイ」であまり記憶に
無いのだが、見ていると色々な事が思い出され
楽しかった。

しかし、どうしても「メッセージ」と書かれ
た1本のDVDだけは見る気になれなかった。
先に見たワイフや子供は「泣けた、、、」等と
言っていたが、僕は見る事が出来ずにいた。

そんな中、岡山県へ行き Kさんという人と
何か運命的と思える様な出会いをした。
Kさんと僕は誕生日が同じで、何故か生い立ち
にもすごく共通点が多く、tough my heart (Soul)

岡山のライブが終わり帰宅し数日後、お盆に子供達が
田舎へ帰省している夜に、ワイフに誘われ2人で見た。
それは僕がこれから生まれ来る子供へのメッセージだった。

ビデオの中の20代後半の僕が「俺の人生は色々
あって好きな事が出来ない様な人生だけど、
君の未来は僕が守ってあげるから、自分のやりたい
事に向かって、真っすぐに生きな、、、。」
というメッセージを飾りっけなく語っていた。

色々な想いが頭の中を駆け巡り、止めどなく涙が溢れた。

その夜「Message」という曲のモチーフが書けた。
この曲をKさんと僕の子供達に捧げたい。

22:23 [Comment:0]

ケンちゃん

08 15 *2011 | プライベート

ファイル 301-1.jpg

先日の岡山での歌手 村井ビンさんのコンサートで
僕が子供の頃のスーパー子役のケンちゃんに会った。

ケンちゃんと村井さんは二人でラジオ番組やってて、
コンサートの次の日に、稲葉も荒木君やベースの
山田さん等と出させてもらった。

番組の成り行きで村井さんが歌を作りギターを弾き
ながら歌い出したので、とっさに僕も笙で合わせて
演奏した。 凄く面白かった。

僕が小学校の最初の頃、友達の高野君と多摩川に
行ったら、ケンちゃんが撮影していて、自転車を
貸してあげた事がある。

あれからもう数十年。
それにしても、ケンちゃんの生き方は聞けば聞く程
波瀾万丈だ。
稲葉はケンちゃんが凄く好きになってしまったよ。

02:40 [Comment:0]