log

頂きました(喜)からの心臓血管検査(怖)

03 15 *2010 | プライベート

今日は朝5時から仕事開始。
今関わっているCD制作の最終データが、昨晩の内にメール(mp3)
が届き、それを曲順に並べ、全体像把握の為にクライアントに
聞いてもら、オーケーをもらい、 喜んでスタジオで
「頂きました!!」←やるせなすの石井ちゃんのギャグ と叫ぶ!!

からの

9時から病院で心臓の検査
病院は僕の兄貴が勤めてる、都内の某大学病院。
まずは心電図、血圧計等を装着し、自転車をこぎ心拍数を上げる。
心拍数が160になった頃、注射しラスト1分こぐ(汗)
10分休憩後、「RI」(アールアイ)という最新機器で心臓血管の
流れを撮影(怖)  これで一旦終了。

その後一度スタジオ帰り、美味しいお蕎麦を頂きながら、
3月23日の「楽に遊ぶ GAKU NI ASOBU」関係の仕事を慌ててこなし、

14時から再度病院へ行き、また撮影。 これで検査は終了。

からの 

5月に上海万博へ演奏に行くので、パスポート受取に有楽町へ。

からの

スタジオへ帰り3月17日のNHKときめき歌謡ショーの譜面やリードの
調整。

雅楽の古典はA=430のピッチで調整してるから、洋楽器とやる為には
A=442にリードを調整する必要があるんだ。

しかし、薬の影響なのか、凄く疲れた一日でした。

からの

爆睡 〜〜ZZZ

00:00 [Comment:0]

今日も盛り沢山!!

03 14 *2010 | 音楽

ファイル 126-1.jpg

今日の午前中は、今関わっているCD制作の最終段階の作業。
CDを作るのって、実は確認作業が凄く大変なんだ。
ノイズは無いか? 曲順の事。 表記の事等、
気が抜けない事が沢山あるんだ。

午後は一門のみんなにあげる篳篥リードの最終調整。
そして4時から篳篥のパート練習。
集合し、まずはそれぞれの楽器に合ったリードを選び分配。
そして最終調整。そしたら、凄〜く良い音になった(喜)

そして、奏法の練習。そしたら凄〜く音が合い始めた(喜)
前回の練習の時はまだバラバラだった音が溶け始めた(嬉)

そして19時からはダンサーが合流して練習。
徐々に音が1つにまとまって行く充実感を感じながらの
演奏は凄く楽しかった。
みんながニコニコしてた。

明日午前中は久しぶりの心臓の検査。
悪くなっていないと良いのだが…。

00:00 [Comment:0]

譜面書き

03 13 *2010 | 音楽

ファイル 124-1.jpg

リハーサル、レコーディング、と続きましたが、
本日の第3ラウンドは譜面製作。

昨年レコーディングした曲のコーラスパートの譜面を
急遽作る事になった。

さすがに3ラウンド目はちょっと疲労気味(眠)
何とか気力で書き終えた譜面をスキャナーで読みとり、
PDFファイルをメールで送る。

「あ〜終わった!!」って背伸びをし、フッと見ると
出来立ての譜面が、クチャクチャになってゴミ箱の中に…。

頭がモウロウとしていて、出来立ての譜面とコピーを間違えて
しまったのだ。
慌ててクシャクシャになった譜面にアイロンかけ一件落着(泣)

最近の日課「寝る前に篳篥のリードを削る」は本日はお休みします(笑)

00:04 [Comment:0]

レコーディング

03 13 *2010 | 音楽

ファイル 123-1.jpg

リハーサルが終わり、近所の美味しい出前のお蕎麦を食べ、
さてさて、今日の第2ラウンドのレコーディング。

長谷川友二さんに残ってもらい、ギターで ある曲のメロをRec。
今日はエンジニアの丹ちゃんがいないから、僕がエンジニア(汗)
機械をあまり詳しく勉強していないから本当に苦手(汗)
配線、コノトロールルームとブースを繋ぐテレビのモニター準備、
ヘッドフォーンアンプへの送りの回線、ヘッドアンプ、

色々大変なんだよ(笑)趣味でやってる時は楽しいんだけど、
今日は仕事だから、「ちょっと待って下さい!!」とか
「こちらのミスで、もう一度やって下さい!!」なんて
言えないじゃん(笑)

しかし、長谷川君の素敵な人柄と美しいギターに助けられ、
録音終了!!

00:03 [Comment:0]

リハーサル

03 13 *2010 | 音楽

ファイル 122-1.jpg

今日は3月18日に船橋で行われる「ちょっとよりみちライブ」
のリハーサルでした。

僕のスタジオは本当に素敵な音がするんだ。
ここで音を出すと、心がとける…と言うか、集中出来るし、
小さな音が良く聞こえるから、楽しいんだ。

今回も新曲を何曲か作ったけど、僕の頭の中に聞こえる
コード感が譜面に出来ず、朝からあれやこれや考えていた。

今回ギターは長谷川友二さん、ベースは増根哲也さん、
僕が「空には雲がかかっていて、そこに風が吹き…」等と
抽象的な曲のイメージを伝えたら、あっ と言う間に素敵な
和音を付けてくれた(喜)

楽しい時間は音速に近いスピードで(笑)で過ぎてゆき、
気がつくと終了予定の17時になっていた。

00:00 [Comment:0]

国立劇場の楽屋

03 11 *2010 | 未分類

ファイル 121-1.jpg

しかし、この頃既に雅楽の舞台にも出ていました。
この写真は20歳の頃、所属していた「東京楽所」の公演の
楽屋写真です。

この頃ビクターより発売されたビデオディスクの映像には
真黒に日焼けした稲葉が、宮内庁の偉〜い先生達の中で
篳篥を吹いている映像があるのです。

しかし、真冬のサーフィンは特に耳に良くないという理由から、
この数年後にはサーフィンは止め、音楽1本にしぼったのでした。

00:11 [Comment:0]

サーフィン

03 11 *2010 | プライベート

ファイル 120-1.jpg
ファイル 120-2.jpg

実は稲葉は、むかしむかしサーファーだったのです。
サーファーと言っても「悩む人」じゃないよ(笑)
波乗りをやっていたのです。

僕の板はゴッデスのSAMURAIいう板で、少しワイドですが
サイズが短く、浮力が当時の僕の体重(52kg)ギリギリで、
波が小さいと沈んでしまう事もある板でしたが、
波の良い日には思う様な動きが出来る素敵な板でした。

裏側にはとても派手な絵が書いてあり(写真右)友達からは
「ちび板」と呼ばれていました。
左から光世、やっちゃん、ちび板、?、稲葉(20歳)

そんな懐かしい写真をお見せしましょう(笑)

00:05 [Comment:0]