log

ピアノが弾けない日

06 29 *2012 | 音楽

今週はピアノを殆ど弾かず、珍しく1曲も
作曲出来てない週。

みんなにはわからないだろうけど、
俺にとっては大問題の週(笑)

だからって何があった訳ではないけど、
やはり、心のコントロールが出来ないと
僕の場合は作曲が出来なくなってしまうんだ。

同じドミソという和音を弾いても、素敵な風景が
見える日と、何も見えない日も、そればかりか
苦しみを感じてしまう日もある。
作曲するって事は、実は凄くセンシティブ。(笑)

00:59 [Comment:0]

僕の原点

06 29 *2012 | 音楽

ファイル 433-1.jpg

実は稲葉は小学校の頃から頻繁に作曲してた。
譜面が書けなかったから、親父のテープ
レコーダーをこっそり拝借し録音してた。

何故それを続けたのか?それを始めたのか?
全く分からないけど、色々なメロディーや思いや
歌詞をペラペラと喋りラフに録音してた。
でも作曲家や作詞家になろうなんて、
まったく考えてなかった。
何故なのかな?これこそが俺の本当に無意識に
大好きな事なんだろうか?

貧乏だった俺には、お金をかけずに出来る遊びが、
音楽しかなかったからかな。
でも、それって今思えば素敵な環境だな。

写真:11才頃鼓笛隊で毎週ドラムを叩いてた。
しかもこの頃からアドリブでどんどん変化する
のを遊んでた。
今思えば、この頃の体験こそが僕の原点だ(笑)

00:23 [Comment:0]

反抗期??

06 23 *2012 | 音楽

ファイル 432-1.jpg

反抗期の練習風景?
多分16才頃。
実はかなりの悪坊主だった。
でもモミアゲだけは兄貴の影響で未だに
アイビーカット!!(笑)

この頃はとにかくまだ雅楽が 大っっっ嫌い だった。
(笑)

18:24 [Comment:0]

5才の頃

06 22 *2012 | 音楽

ファイル 431-1.jpg

これは僕の宝物写真(笑)
5才の頃、兄弟でミニーズというグループを作り
本気でバンド活動してた。
でも誰も楽器が演奏できなかったので、
段ボールと木とタコ糸で楽器を作り、
マジックで色を塗り、
弾いたふりをしながらみんなで歌った。
兄貴のドラムが最高で、タライ、段ボール箱等で
ドラムらしきものを作り、シンバルは天上から
お鍋のふたを吊るし、スティックは勿論台所の菜箸。
本当に楽しかった。

残念な事に写真が無い。
もしかしたら兄貴は持ってるのかな?
今度聞いてみよう。

写真:当時の僕の大切な段ボールのギター

この日はソロで歌ったんだ!!
「お洒落〜な僕!!サイケ〜な君!!」
この歌誰の歌だろう?知ってる人教えて!!

12:26 [Comment:0]

空は繋がってる

06 22 *2012 | プライベート

ファイル 424-1.jpg

毎日が慌ただしく誰もが精神的には楽しい
事も、きつい事、苦しい事も色々起るよね。
でもそんな時、泣く訳にも行かない時は、
時折空を見上げて大切な人や、大切なもの、
自分が一番大切に思う事を思い浮かべてみて。

そうしたら、もう一歩だけ前へ進めるかもよ。
もしダメなら、もう一度空を見て想って見て!
俺はそうして毎日、前へ1歩づつ進んでる。
だって立ち止まってたら、何もしないうちに
すぐに人生が終わっちゃうよ。
よし、みんな、明日も頑張ろ〜ぉ!!

お〜〜!!(笑)

00:00 [Comment:2]

comment

sei 2012.06.22-22:10 Edit

せい~~~~!!

あきのり 2012.06.22-23:14 Edit

(笑)

ありがとう!!

逆アングル

06 21 *2012 | 音楽

ファイル 430-1.jpg

この日の逆アングル。
慶応ボーイいだった兄のヘアースタイルを真似て
前日に自分でモミアゲをアイビーカットしてみた。
結果は最悪。丸くしてしまい、みんなから笑われた。
でも、俺は自分が大人の男になって行く様な嬉しさに
包まれてた。
吉田拓郎さん、高田渡さんが大好きだった。

19:13 [Comment:0]

12歳の頃

06 21 *2012 | 音楽

ファイル 428-1.jpg

懐かしい写真をアップします。
僕が12歳の頃の子供会の演奏の写真です。
無茶苦茶貧乏だったので、ギターやアンプは
全部自分達で調達、全ての楽器は人から頂き物、
アンプ(左のスピーカー1個)は、親父の知り合いの
要らなくなった当時流行った4チャンネルステレオの
スピーカを学校放送用アンプに繋ぎ、そこから全ての
音を出してる。(ボーカルもアコギもベースもALL)
インピーダンスとか(8Ω)とか何も訳分からずに
スピーカーを何度か壊した事がある。
本当にお金が無かった。
…と言うか、音楽は工夫してやるもので、
お金をかけてするものだとは知らなかった時期(笑)

右側の床に置いてあるのは子供の粉ミルクの空缶。
でもあれこそが、俺達の大切なボンゴだった(泣)
因みに一緒に演奏してるのは3歳年上の双子の兄。
当時僕はベース担当だったけど楽器がなかったから
古い6弦ギターに4弦だけ張り、EQでこもらせて
ベースポイ音になったと喜びながら演奏してた。

泣きたくなる程、貧乏で素敵な子供時代だった。
凄く才能溢れる兄達の中で遅れをとりまいと、
一生懸命に頑張った子供の頃。
今では年に1回位しか会わないけど、
俺にとって兄は今でも神なのだ!!(笑)

17:43 [Comment:0]