log

楽しい奴等

03 05 *2012 | 音楽

ファイル 383-1.jpg

現代狂言でバス移動しています。
移動中の車内は、コントあり、
お腹が痛い程笑かせてもらってる。
本当に楽しくて、愛すべき奴等。

ドロンズ石本、やるせなす中村、
エネルギー森、の三者を中心に、
やるせなす石井CHANと俳優の大野君が
ボケる。

みんな最高の奴等です。

05:53 [Comment:0]

追込まれモード(汗)

02 23 *2012 | 音楽

来月後半納期のあるCDの制作の最終
作業が始まりました。
送られてきた譜面を打ち込み、音色、
ベロシティー(音量)オーケストレーション
等、大変な作業です。

昨晩はスタジオ泊。今日は午前中は
病院で月イチの血液検査 からの
昼食後は作業開始(汗)
追い込まれモード(泣)

09:24 [Comment:0]

リスタート

02 22 *2012 | プライベート

僕のワイフは出産時に股関節を痛めて
しまい、少し歩き辛そうでした。
この度手術し今日退院しました。
僕の兄は昭和大学の医者で、僕達
家族はいつも昭和に行っていましたが、
ある方のご紹介で聖路加病院に行きました。

何とも清潔感あり素晴らしい病院でした。
職員が全員イキイキとしていて、親切で
とても明るい雰囲気の病院でした。

そしてブータン〜ネパールにバックパック
に行っていた息子が帰宅しました。
やっと家族が全員揃い、淋しさが減りました。

昨日21日に娘が20歳になりました。
我が家は何となくリスタートする様な
感じがします。

09:06 [Comment:0]

ちょっとよりみちライブ御礼

02 19 *2012 | 音楽

先日は「よりみちライブ」へ沢山の方々
ご来場頂きありがとうございました。
とても素敵な時間を過ごす事ができました。

また、会場のスタッフの方々や、船橋市の
方々にも大変良くして頂きました事に、
心より感謝申し上げます。

僕にとって船橋は、青春の日々の
思い出の詰まった大切な街です。
そんな場所で演奏出来た事は、懐かしく、
ありがたい事でした。

次回「竹の音3」もご期待下さい。

08:54 [Comment:0]

今と昔(笑)

02 18 *2012 | プライベート

ファイル 378-1.jpg
ファイル 378-2.jpg

先日姪っ子が、実家で見つけた僕の昔の写真を
シャメで撮り、送ってくれた(写真:左)
この写真は何時の頃かな???
全く記憶がないが、多分隣に居るのは姉だろう。

知らず知らずに、随分歳をとったな(笑)
今の僕はこんな感じ(写真:右)

最近は目が悪くなってしまい、作業する時は
メガネをかける様になった。
これが今のありのままの僕。(さっき撮影)

誰にも、若い日も、恋する日も、試練の日々も
学ぶ日も、色々ある。

最近の僕を語るなら、音楽的には今までの僕の
人生には無い程、最高にクリエーティブな感じ。
きっとこの感覚は、まだまだクレッシェンドして
行ける予感もしてる。
でも写真を比べると、確実に年とってる。
でも何故か、今 嬉しい気持なのは何故かな?

きっと短く一度きりの人生、周りの意見に
惑わされず、自分に素直に、嘘をつかずに
生きて行く事が何よりも大切だと思う昨今です。

人は夫々生きる環境が違うから、言葉(の遊び)
で議論する気は無いが、自分が生かされる環境の
中から、自分にとっての最善の選択を出来る様、
日々アンテナを立てていたいね。

00:00 [Comment:0]

竹の音2 レクイエム(追悼)

02 16 *2012 | 音楽

ファイル 366-1.jpg

きららHall(船橋市民文化創造館)
第一回目 18:30〜
第二回目 19:30〜
入場無料

稲葉 明徳 (篳篥、竹笛、その他)
荒木陽太郎(key)
長谷川友二(guit)

2011年は多くの方が亡くなられました。
僕にとってはあまりにもショッキングな
出来事でした。
約1年の時が過ぎ、仲良しな素晴らしい音楽家を
集め、僕なりに追悼の時間を持ちたいと思って
おります。
皆様一人でも多く足を運んで頂き、僕達と一緒に
想い祈りましょう。
未発表の僕のゆっくりとしたオリジナル曲を
演奏したいと思っております。

00:00 [Comment:1]

comment

笛好き 2012.02.16-23:36 Edit

今日はきららホールで、心に沁みる演奏をありがとうございました。街にもっと気軽に音楽と触れ合える店ができるといいなと言う意見に同感です。
二胡で陽カン三畳を弾いたことがありますが、今日のは新鮮でした。これからも、素敵な演奏、楽しみにしています。

大久保昌一良氏の命日

02 11 *2012 | プライベート

今日2月11日は脚本家の大久保昌一良さん
の一年目の命日だ。
しかし、時が経つのが早すぎる。

大久保さん、勝徳さん、僕にとっては
大変お世話になった方の命日が重なってしまった。

23:58 [Comment:0]