log

訃報 山村達雄氏

10 07 *2011 | プライベート

ファイル 321-1.jpg
ファイル 321-2.jpg

2011年10月7日 早朝
笙の山村達雄氏が亡くなりました。

山村さんは町楽(まちがく)といって神社や
お寺で雅楽のご奉仕(演奏)をする専門家で、
関東の多くの社寺を回られていました。
お会いするとニコニコ嬉しそうに古き良き
町楽の話を聞かせてくれました。

楽器、電熱器、装束を運びやすくコンパクトに
まとめ、少し小さめの車をビュンビュン うならせ
都内を走り抜ける、そんなイキな方でした。

稲葉の笙の調律法(チューニング)の師匠
でもあり、ご自宅にお邪魔すると山村さんの雅楽
への想い、笙への愛を痛烈に感じました。

それから数年前に、NHKドラマ「大化の改新」の
劇中で笙を吹いて頂いた事がありますが、
あの時の嬉しそうな顔が思い出されます(写真)

「山村さん、最近やっとチューニングが何とか出来る
様になりました。でもリードの調整はなかなか出来ませんでした。
しかし昨日10月6日に、初めて出なくなったリード
を外し、微調整し音が鳴る様になり、嬉しくて連絡
したいなと思っていました。
色々ご指導頂きありがとうございました。
ご冥福をお祈り申し上げます。」

いなばあきのり

19:29 [Comment:0]

comment